Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ConoHaにCoreOSをインストールしたヘ(^o^)ノ

Bloggerからはてなへ移動しましたー٩( ‘ω’ )و

理由はなんとなくですw

最近、Dockerを使って遊んでます。

さくらのVPSを使っていたのですが、以下の理由からConoHa

  • さくらは最低使用期間(3ヶ月)がある
  • ConoHaはすべて初期費用が無料
  • ローカル接続対応
  • CoreOSのインストールがめちゃ簡単
  • 初回特典で1500円分のクーポンがついてくる

ConoHaへCoreOSをインストールして、Wordpressを動かしちゃおうー

注) ConoHaへのユーザ登録は済んでことが前提です

CoreOSのイメージファイルをダウンロード

Booting CoreOS from an ISO←ここからisoファイルをダウンロード

最新版を使いたいので、 Alpha版をダウンロードします

f:id:murajun1978:20140819230522p:plain

ConoHaにVPSを追加

ConoHaにログインし、サービス⇒VPS⇒サーバーリストからVPS追加

f:id:murajun1978:20140819231710p:plain

初回特典で1500円分のクーポンがついてくるので、メモリ1Gプランなら1ヶ月無料で使えます

メモリ1Gプランで作成しちゃいましょう

f:id:murajun1978:20140819231913p:plain

SSH KEYをダウンロード

自分で公開鍵を作成しても良いけど、ConoHaからダウンロードする

SSH Private Keyをクリックして公開鍵をダウンロードヘ(^o^)ノ

f:id:murajun1978:20140823002657p:plain

公開鍵の設定

ダウンロードした公開鍵を~/.sshへ移動します

$ mv ~/Downloads/xxx.key ~/.ssh

パーミッションを変更します

$ chmod 600 ~/.ssh/xxx.key

SFTPでCoreOSのイメージファイルを転送

ダウンロードしたisoファイルをConoHaへ転送します

SFTPを使って転送

$ cd ~/Downloads/              # isoファイルのダウンロード先へ移動
$ sftp -o IdentityFile=~/.ssh/xxx.key ユーザ名@接続先:images/
Connected to sftp1001.cnode.jp.
Changing to: /images/
sftp> put coreos_production_iso_image.iso
sftp> exit                     # 終了

f:id:murajun1978:20140823000210p:plain

アップロードしたisoファイルから起動します

僕はUSキーなのでキーマップをen-usに変更

f:id:murajun1978:20140823004114p:plain

完了したら起動しましょう

f:id:murajun1978:20140823005140p:plain

CoreOSのインストール

ダウンロードした公開鍵を表示します

$ ssh-keygen -y -f ~/.ssh/xxx.key
ssh-rsa xxxxxxxxxxxxx

ConoHaのコンソールで、 表示された公開鍵をConoHaにcloud-configというファイルで保存する

#cloud-config

ssh_authorized_keys:
  - ssh-rsa xxxxxxxxxx

さて、インストールです

alpha版なので -C alphaオプションを忘れずに

$ sudo coreos-install -d /dev/vda -c cloud-config -C alpha

インストールが終了したらシャットダウンします

$ sudo poweroff

isoファイルを取り出します

f:id:murajun1978:20140823005545p:plain

起動します

f:id:murajun1978:20140823005140p:plain

ローカルPCからSSH接続

configファイルに設定記述

# ~/.ssh/config
Host conoha
  Port 22
  Hostname ホスト名
  User core
  IdentityFile ~/.ssh/xxx.key
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

f:id:murajun1978:20140822234209p:plain

これでこんな感じでSSH接続できるはずー

$ ssh conoha

WordPressのコンテナ作成

ローカルPCからSSH接続

$ ssh conoha

WordPressのコンテナ作成

$ docker run -d -p 8080:80 tutum/wordpress

インストールが終わるまでしばらくまって。。。

ブラウザからWordPressに接続してみましょう

URLはhttp://ホスト名:8080 f:id:murajun1978:20140823012022p:plain

ConoHaの公式ページを参考にすればとても簡単にインストールできました

さくらVPSだと結構しんどかった(コピペできないとか、デフォルトがJISキーだったり

あとはドカドカとコンテナを立てて遊びましょう٩( ‘ω’ )و

参考記事


さくらのVPSにCoreOSをインストールしてDocker専用機にする

ConoHaを使って、CoreOSをインストールする方法